(公社)日本バレエ協会関西支部

TOPICS:バレリーナである前に、すてきなレディでありますように

  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!vol.3 2018年10月8日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!vol.3
    芸術の秋、公演が目白押しになる頃です。 すてきな舞台になるよう、その心得を。 1.ジャストフィットのお衣裳ならまだしも、バレエ団の共有のお衣裳、背中のカギホックが外れないよう縫い   付けます。パートナーに対する信頼と愛情です。 ​ 2.ポアントのリボンの結び目にご注意:縫い付ける、幕によって履き替えたい場合は、ドンピシャ(つけまつげ   用のり)を使うと便利です。 3.頭飾りの取り付けにはヘアピンをしっかりと。ジェルでしっかり抑えた頭にはしっくりきます。さいごのとどめ   に2本多目のヘアピンを。 4 場当たり、ゲネプロ開始時間には気をつけて。遅くとも5分前には、舞台にあがりましょう。限られた時間を前に、  演出家、振付家はとても神経をつかっていますよ。この気遣いが舞台の成功につながります。  楽しんで!!!
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!vol.2 2018年6月8日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!vol.2
    100回のリハーサルより1回の舞台と言われる、その舞台を素敵なものにするために。 1.衣裳を付けて、ポアントを履く場合は、床にタオルを敷いてその上に座って履きましょう。 2.舞台制作には多くの方が関わります。振付家、演出家、指導してくれる先生、舞台監督、照明プランナー、音響係、場合によっては、指揮者、演奏者そして、舞台スタッフの方々。 3.お友達の発表会に招待される機会もこの季節多くなりますね。​お部屋見舞い省略’で、観ることに専念してはいかがですか?ことばの花束を添えて
    続きを読む