(公社)日本バレエ協会関西支部

TOPICS:バレリーナである前に、すてきなレディでありますように

  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.19 2021年6月15日バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.19
    年に一度の定期総会が、緊急事態宣言が発令されている中、また、会場がワクチン接種会場となったことを受け、実施が無理との判断で中止となりました。 会員のみなさまと共有する時間がなくなり大変残念です。 そこで、今回は日ごろの運営委員の働きをご覧いただければとご紹介させていただきます。 総務部は役員会、総会等各種会議並びに顕彰催事、事務局を統括します。 総会を例にとりますと、必要な書類や、資料の準備、実施する会場の手配などをします。 事業部は実施事業を観察しスムーズに活動出来るようにこれを遂行します。 芸術劇場を例にとりますと、公演の提案をし、演目、振付者、オーディションなどを発信していきます。 年間の事業はローズ・フェスティバル,関西ジュニア・バレエ・フェスティバル、シニア・バレエフェスティバル、定例総会、サマーゼミナール(現在休止中)バレエ芸術劇場などがあります。 広報部は事業のお知らせや、会員のみなさまにお伝えしたいことを関西支部HPの「カレントトピックス」や、「バレリーナであるまえに、素敵なレディでありますように」に掲載します。 総務部、事業部の協力を得てFacebookやインスタグラムに投稿を発信しています。 事務局(会計)は支部の財務状況を把握し本部に報告します。支部にて解決すべき事案が発生している場合は役員会にて報告します。また、各部と連携し会員のみなさまに連絡事項を発信しています。総会のご案内、芸術劇場への出演案内などがそれです。 こうして役割分担されたことを支部長、副支部長の判断で決定していきます。 今年になってからはコロナ感染防止対策のためすべての役員会はオンラインでの実施となっています。 また、急な案件が発生するとすぐにラインで確認し合い、必要ならば、オンライン会議を実施して決定しております。 まさにワンチームで、会員の皆様にお役に立つようにと日々動いています。
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.18 2021年4月26日バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.18
    2022年バレエ芸術劇場の2つめの演目の「パキータ」のお話。 初演は1846年パリ・オペラ座でジョセフ・マジリエの振付で上演されました。 踊り手として頭角を現していたマリウス・プティパが、1847年サンクトペテルブルクでマジリエの「パキータ」でデビューします。 ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 12 2021年4月4日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 12
    バレエの魅力その3 新型コロナウィルスのために前代未聞の状況下、レッスンや公演活動に苦労されている ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.17 2021年3月26日バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.17
    2022年バレエ芸術劇場の演目が「フェアリードール」、「パキータ」に決まりました。 この回は、振付・演出を担当される田上世津子先生に「フェアリードール」のお話を伺いました。 1990年当時支部長の安積由高がサンクトペテルブルクのワガノワバレエアカデミーを訪問、当時のディレクター、コンスタンチン・セルゲイエフ氏と面会が、その後関西支部に大きな影響をもたらすことになります。 1991年「シンデレラ」全幕 ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.16 2020年11月27日バレリーナである前に、すてきなレディでありますようにvol.16
    2021年を迎え、みなさまのご健康とご多幸をお祈りいたします。 毎年年末に清水寺では“今年の一字が”発表されます。 昨年は「密」でしたね。まさに、未曽有の事態で人々の困惑が象徴されています。 先が見えない中、不安な気持ちで新年を ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 15 2020年11月27日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 15
    関西支部は第39回ジュニア・バレエ・フェスティバルならびに 第28回シニア・バレエ・フェスティバルの出演者2021年4月17日18日)を募集しています。 今回は事務局の小倉紀久代先生にお伺いして、このジュニア・バレエ・フェスティバルをひもときます。 若手に競演の場をつくり、舞踊手として育ってほしいと願って第1回目が1982年5月10日に開催されました。 出演者は中学1年から高校3年までの30数名でした。 1993年にシニア・バレエ・フェスティバルと併演、2000年からはジュニア1部、2部、シニアの3部門、2018年からはジュニア1部、2部、3部、シニアの4部門となります。 神戸コンクール出場者が場慣れのために利用、全日本バレエコンクール出場への推薦の判断の手段とするなど、出演者の目的も多様化してきました。 第26回では4日間8公演で436名の出演の記録があり、いかに人気があるかがわかりますね。 30回目の記念公演では出演者でキャラクターダンスを披露し、大好評、これまでの成果が実感できた瞬間でもありました。 小倉先生曰く「現在役員の法村圭緒先生が奥様とバヤデルカのパ・ド・ドゥを踊られた時、お父様の法村牧緒先生が舞台上で細かくダメ出しをされていたのがほほえましく印象に残っている」とのことです。 踊ることが大好きなあなたもこの舞台で踊ってみませんか。 開催に際しましては新型コロナウィルス感染防止対策を政府の方針に従って、万全を期して実施する意向でございます。 この1年コロナ禍にあって若い人たちの希望が、夢が叶えられない事態が起きていますが、 これからの日本のバレエ界を背負う世代に悲しい思いをさせてはいけないと、開催を決定いたしております。
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 14 2020年10月15日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 14
    2020年もあと3か月を切りました。今年はチャイコフスキー生誕180 ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 1 3 2020年8月19日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 1 3
    先の定例役員会では、来年の芸術劇場開催を、出演者、観客、そしてスタッフの安全第一を考慮 して、中止の決定をしました。新型コロナウィルス感染拡大防止 ...
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!Vol.11 2020年3月5日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!Vol.11
    バレエの魅力その2. 啓蟄、本来ならば、身体も軽くなる頃ですが、新型コロナウィルス対策に慎重に取り組まれていることと存じます。感染防止のために、どうか、ご尽力いただきますようお願いします。 さて、前回はフィジカル面からバレエの魅力をお伝えしましたが、今回はメンタル面からバレエのすばらしさを改めてみましょう。 「おはようございます」 レッスンスタジオに、先生に、劇場に、スタッフに、この一言からはじまります。リハーサルが思うようにいかない時、前日の疲れが残っている時でも「さあこれから、今日もがんばるよ」と自身を鼓舞することができる、魔法のことば。 このあいさつはお行儀作法の第1歩でもあります。 バーにつく位置、センターレッスンでの立ち位置、楽屋内での化粧前の使い方、これは、廻りをよく見て、先輩方へ敬意をこめることで、気配りのこころが芽生え、礼儀正しくなります。 レッスンではアンシェヌマンを覚えるために、また、先生の的確なアドバイスを聞き逃さないためにも集中力が欠かせません。 舞台ではさらに、場取り(舞台上の動線)、音楽、役作りの上で、さらなる集中力が要求されます。 長時間にわたる振付や、連日何度も繰り返されるリハーサルでは忍耐力が身に付きます。 作品出演では、演出家、振付家との共同制作であることを頭に置いて、協力し合うこころが芽生えます。特に、コール・ド・バレエは繊細な協調性が養われます。 こうしてみると、バレエは忍耐力、精神力、協調性、そしてお行儀作法も身につく優れものですね。 春から新しいおけいこ事をお考えの方、バレエをどうぞ。
    続きを読む
  • バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!Vol.5 2020年1月1日バレリーナである前に、すてきなレディでありますように!Vol.5
    1.立春といえども、まだまだ寒い日が続きます。寒い日の朝寝坊でレッスン場に駆け込んですぐにレッスンを始めたら  ...
    続きを読む