(公社)日本バレエ協会関西支部
2021-04-04

バレリーナである前に、すてきなレディでありますように! Vol. 12

バレエの魅力その3

新型コロナウィルスのために前代未聞の状況下、レッスンや公演活動に苦労されている ことと存じます。4月開催のジュニア・シニア・バレエフェスティバルも出演者の安全を最優先に中止になったばかり 。一刻も早く以前のように公演活動やレッスンが安心してできる日が来ることを願って、バレエの魅力に触れたいと思います。

音楽、美術、舞踊が一体になった総合芸術のバレエは、観る人を夢の世界に引き込みます。
そこは非日常の世界。
プリンセス物語に 至福のひと時を味わったり、悲恋物語の主人公に涙したり、非日常の世界に入り込めます。
観かたもいろいろ。「ジゼル 」第一幕、 ロイスのドアノックに心をときめかせて、 ドアを開け、舞台狭し 、 と探し回るジゼル 、 「 眠れる森の美女 」第一幕、 16歳のお誕生日を迎えて、長い階段を駆け下り 、 4人の王子を魅了しながら、

アレグロを披露 する オーロラ姫 、 「白鳥の湖」第一幕、お城の家臣たちを従え、 さっそうと 登場の ジークフリード 王子、どれも主役の真価が問われるここ一番、音楽の高まりに緊張感をもって固唾をのんで見守ります。
バレエ・コンサートなら パ・ド・ドゥのアダジオでのパートナーリング、火花を散らしテクニックを披露するソロ、 コーダの女性グラン・フェッテ32回 や男性の超技巧のマネージに 大興奮。お気に入りのダンサーを見つけるもよし、同じ演目でも踊り手によってずいぶん変わるものです。
日々の仕事に疲れた時、恋の悩みのどん底にいる時、そんな時、劇場へ足を運んで、ストレス解
消、すっきりした気分にもなれます。
あの時観た舞台が、次の一歩の背中を押してくれた、と時に、勇気を与えられること・・・・。
踊りだけではありません。
音楽を楽しむもよし、舞台美術と衣裳の調和を見るもよし、バレエ舞台は見どころ いっぱい。
早く、このような舞台が普段通りに上演できる日を願っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です